本文へスキップ

天王寺駅直結・一般歯科・歯科口腔外科・小児歯科・矯正歯科・インプラント専門医の角倉歯科医院天王寺です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6633-6480

〒545-0052 大阪市阿倍野区阿倍野筋
1-5-36アベノセンタービルB2F



パノラマエックス線写真・CTX-ray.CBCT

レントゲン写真で使用する放射線について

被爆量の早見表
皆さんもレントゲン写真の検査を受けたことがあると思いま
す。
福島の原発事故の事もあり、検査によってどのくらいの被ばく
をしているのかという関心が上がっているように感じます。

左の図は日常生活で浴びる放射線量と検査で受ける放射線量を
比較した図です。  (放射線医学総合研究所より抜粋)

                                 ↑クリックすると拡大

見ていただければ分かるように検査で受ける被ばく量は極少量であることが分かります。
放射線による健康被害は、
 ①一定以上の放射線を受けた時に高確率で健康被害を及ぼす確定的影響
 ②浴びれば浴びるほど健康被害の発症する確率が正比例する確率的影響
  この二つがあります。
 もちろん、放射線が人体に何らかの影響を及ぼす確率は0%ではありませんが医学的研究の結果問題は
 ないと考えられています。

もちろん無駄な量の被ばくや、関係のない所への被ばくは少ないほうが良いのは当然ですので様々な
配慮の方はさせていただいております。

レントゲン写真撮影装置のデジタル化

CTが撮れるレントゲン

従来のパノラマエックス線写真の被ばく量は0.02µ㏜と
なっております。


これは、東京ーニューヨーク間に浴びる放射線量の1/20に
値し人体に影響が出る被ばく量には程遠い値となっております。



 しかしながら、可及的(可能な限り)被ばく線量は少ないほうが良いのは当然です。
 当院デジタルパノラマエックス線撮影装置は従来アナログ型に比べると格段に被ばく量が少ないので
 ご安心ください。


防護エプロンの使用

エックス線の防護エプロン
出来る限り体部(首よりも下部)に放射線が当たらないようにする
ため、少々重量があるのですが鉛(なまり)入りのエプロンを使用
します。










妊娠中の方のレントゲン撮影について


 胎児が一番影響が出やすい期間は妊娠2か月以内です。
 多くの場合妊娠を自覚していない期間でありますので注意が必要です。
 もし、妊娠の可能性がある場合は申し出てください。

 念のため、妊娠初期(~5か月くらいまで)の方への放射線の照射は特段の理由がある場合を除いて
 控える方が良いでしょう。
 一般的に安定期以降であれば、頭部に必要最低限のレントゲン撮影を行うことによる胎児への影響は ないと考えられています。
  →日本放射線公衆安全学会Q&A


授乳中の方のレントゲン撮影について


 授乳中の方は、母乳を介して乳児に悪影響が出ないかを心配されると思います。
 福島原発事故などで問題となった放射性物質は、その物質そのものが長時間放射線を放出し続ける
 物質です。それに対して、放射線は、放射線管に高電圧が掛かっている瞬間だけ放出される エネ
 ルギーをいいます。

 放射性物質を体内に取り込むと、そこから放出される放射線のため常にレントゲンを撮影している
 状態になるため大問題です。
 さらに悪い事に母乳に移行するため乳児に放射性物質を飲ませていることになります。
 しかし、レントゲン撮影は放射線というエネルギーを短時間浴びるだけですので母乳に影響が出る
 ことはありません。

AED設置しています。

サイトマップ

角倉歯科医院天王寺スマホページ

クレジットカードJCB・AMEX・ダイナーズ・VISA・マスター使用できます。
クレジットカードの使用が
可能になりました。
自費治療のお支払いに使用できます。

スタッフ募集要項はこちら

角倉歯科医院天王寺GOOGLE+

角倉歯科医院天王寺Facebook

イーパーク歯科バナー

Sumikura Dental Clinic Tennoji角倉歯科医院天王寺

〒545-0052
大阪市阿倍野区阿倍野筋1-5-36アベノセンタービルB2F
TEL 06-6633-6480