本文へスキップ

天王寺駅直結・一般歯科・歯科口腔外科・小児歯科・矯正歯科・インプラント専門医の角倉歯科医院天王寺です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6633-6480

〒545-0052 大阪市阿倍野区阿倍野筋
1-5-36アベノセンタービルB2F



歯周病治療Periodontology

当医院では希望に応じて
従来の歯周治療の他に、歯周外科治療・再生療法を行っております。

歯周病のとは?

 歯の付け根の部分で炎症が起こり、その刺激で歯を支える骨が吸収する病気。

歯周病の原因は?

 歯周病の原因は歯垢の中にいる細菌です。
 歯周ポケットや歯と歯の間に付着する歯垢を除去し、炎症が起こらない環境を作る事が目標です。

さて、炎症を止めるためには?

@歯ブラシ技術の向上

  歯周病治療の基本は、的確な歯ブラシです。
  衛生士が正しい歯ブラシの当て方、歯間ブラシ・デンタルフロス・ワンタフトブラシ・
  ペリオブラシなどの使用方法などをご指導いたします。
   →歯ブラシのお取扱い

A徹底した歯周ポケットの清掃

  歯石などで歯の表面が『ザラザラ』になっていると歯ブラシをしても効果があがりません。
  歯と歯周ポケットの中を『つるつる』する事により効率よく歯ブラシの効果を得ることが
  出来ます。

 『歯石除去』
歯石除去前 歯石除去後
 歯石除去後は歯ぐきから出血しています。
 これは炎症があり、歯を支える骨がまさに溶けている証拠です。

B歯周外科


 状況により『歯ブラシ』『歯石除去』で炎症が止まらない場合もございます。
 その際は、御本人の希望がございましたら『歯周外科』処置を行います。

くわしい歯周病の進行方法


 @ 歯垢がたまる。
    ↓ 

 A 歯垢の中の細菌が歯茎から体内に入ろうとする。
    ↓

 B 細菌を迎え撃つために人間の防御反応として炎症を引き起こす。
   炎症:普段ほとんど血液の流れていない歯茎の毛細血管がパンパンになるほど血液を流す
   ことにより血液中の白血球などの免疫成分を集める。
   その結果、歯茎が脹れたり血が出たりする。
    ↓

 C 炎症の刺激で歯を支えている骨が溶ける。
    ↓

 D 歯周ポケットが深くなる。
    ↓

 E 歯周ポケットの中に歯ブラシが届かないので常に炎症が起こっている状態となる。
    ↓

 F どんどん骨が溶ける。
    ↓

 G DEFを繰り返しながら歯周病が進行。
    ↓

 H 骨の2/3が溶けた時期に歯が揺れてくる。
    ↓

 I 歯の機能である顎にかかる力を支える能力が無くなり抜かなくてはいけなくなる。
    ほぼここまで無症状というのが怖い病気です。。





AED設置しています。

サイトマップ

角倉歯科医院天王寺スマホページ

クレジットカードJCB・AMEX・ダイナーズ・VISA・マスター使用できます。
クレジットカードの使用が
可能になりました。
自費治療のお支払いに使用できます。

スタッフ募集要項はこちら

角倉歯科医院天王寺GOOGLE+

角倉歯科医院天王寺Facebook

イーパーク歯科バナー

Sumikura Dental Clinic Tennoji角倉歯科医院天王寺

〒545-0052
大阪市阿倍野区阿倍野筋1-5-36アベノセンタービルB2F
TEL 06-6633-6480