本文へスキップ

天王寺駅直結・一般歯科・歯科口腔外科・小児歯科・矯正歯科・インプラント専門医の角倉歯科医院天王寺です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6633-6480

〒545-0052 大阪市阿倍野区阿倍野筋
1-5-36アベノセンタービルB2F



顎関節症TMD


顎関節症の治療について


日本では顎関節症の分類として4つに分かれます。(日本顎関節学会)

 1)筋肉の障害によって起こるタイプ(T型)
 2)関節包・靱帯の障害によって起こるタイプ(U型)
 3)関節円板の障害によって起こるタイプ(V型)
 4)変形性関節症によって起こるタイプ(W型)

 1)筋肉の障害によって起こるタイプ(T型)
  筋肉が緊張して硬くなり血液の循環が悪くなるために痛みを生じる。
 ・咬筋、側頭筋、内側翼突筋、外側翼突筋などの筋肉が痛む
 ・頬やこめかみのあたりが痛むが、痛みは鈍い
 ・押すと強く痛むトリガーポイントが出る可能性がある

 ・首、肩など離れたところに関連痛が起こる可能性がある


 2)関節包・靱帯の障害によって起こるタイプ(U型)
  ・顎関節の関節包みや靱帯などに力が加わって伸びたり痛みを生じる。
  (関節包炎、滑膜炎などを起し、あごを動かすと顎関節部が痛む)


 3)関節円板の障害によって起こるタイプ(V型)
  ・関節円板(関節の間の軟骨)が本来の位置から前にずれてしまう状態

 クリック音が出る場合(ポキポキ)
 『復位を伴う関節円板前方転位』
 口を閉じたとき本来は骨と骨の間ににあるべき関節円板が、下顎窩の前方に
 ズレて落ちてしまっている。
 口を開けようとすると回転して前にすべり出してきた下顎頭が関節円板の下
 に強引にもぐり込み、上に乗せたときに「ポキッ」と音が出る。
 逆に口を閉じるときに下顎頭から関節円板が外れるときも同様に音が出る場
 合もある。


 クローズドロック
 病態が進むと、口を開けようとするとき円板が前に出ずひっかかり下顎頭が
 前に動かず口が大きく開けられないようになってしまう状態


 4)変形性関節症によって起こるタイプ(W型)
 顎関節に強い負荷が長い間続いたときなどに、下顎頭の骨表面が吸収された
 り回りに新しい骨がつくられたりして変形する。
 口を開け閉めすると「ゴリゴリ」「ジャリジャリ」といった音がして、滑膜
 炎など周囲の炎症を伴うと顎関節が痛む。

骨の変形は必ずしも異常な変化ではなく無症状の場合もあり、またある程度進むととまる場合が多い。
※滑膜炎と長期の開口障害により滑膜と関節円板の癒着を起す場合がある。

顎関節症の治療法

まずは問診を行い原因の推測を行います。
  症状や経過をお聞かせください。

 実は治療法としては完全に確立されたものはありませんが、
 診断結果に応じて下記の方法で治療を行います。
 ・生活習慣(悪習癖、生活習慣など)からのアプローチ
 ・補綴(噛み合わせ)からアプローチ
 ・外科からアプローチ




AED設置しています。

サイトマップ

角倉歯科医院天王寺スマホページ

クレジットカードJCB・AMEX・ダイナーズ・VISA・マスター使用できます。
クレジットカードの使用が
可能になりました。
自費治療のお支払いに使用できます。

スタッフ募集要項はこちら

角倉歯科医院天王寺GOOGLE+

角倉歯科医院天王寺Facebook

イーパーク歯科バナー

Sumikura Dental Clinic Tennoji角倉歯科医院天王寺

〒545-0052
大阪市阿倍野区阿倍野筋1-5-36アベノセンタービルB2F
TEL 06-6633-6480