【診療時間】 午前 10:00~13:30 午後 15:00~20:00
【休診日】木曜、祝日
※土曜・日曜 9:00~17:00(日曜は隔週)

CLINIC

医院概要

医院名 医療法人颯心会 角倉歯科医院天王寺
TEL 06-6633-6480
所在地 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-5-36 アベノセンタービルB2F
最寄り駅 天王寺駅 駅直結 徒歩3分
駐車スペース なし

診療時間

« 7月»
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
  • 休診日
  • 9:00~17:00
  • 午前休診
  • 午後休診
  • 診療時間

  • 10:00〜13:30

    • ▲※
  • 15:00〜20:00

    • ▲※

▲…9:00~17:00 ※日曜は隔週(診療カレンダー参照)
【休診日】木曜、祝日

医院風景

医院設備

  • トロフィー・パン・プロセレクト(CBCT/コーンビームシーティー)

    歯科医院で撮影する横長のレントゲン撮影のみならず立体的なCT撮影ができる装置です。インプラント術前、術後、親知らずの抜歯、難治性(治りにくい)、根管治療(神経の治療)はCBCTを撮影することにより治療成績が格段に上がると考えられます。

    従来のパノラマエックス線写真(歯医者さんで撮る横長のレントゲン)や医科用CTに比べ格段に被ばく線量が少なく、さらに細かいスライス幅で高精細な立体画像を撮影することができます。

  • 防護エプロンの使用

    出来る限り体部(首よりも下部)に放射線が当たらないようにするため、少々重量があるのですが鉛(なまり)入りのエプロンを使用します。
  • マイクロスコープ

    肉眼の80倍までの拡大率で治療が出来ます。見える=治療精度と考えても良いので、治療精度が上がります。主に根管治療(神経の治療)や手術に用います。
  • クラスB滅菌システム

    現在では、歯を削る器械の内部や歯を抜くペンチの間の部分の滅菌は不十分であるとの論文が多く出されています。当院では院内感染を起こしたくないとの想いから、コストが3倍であるため、歯科医院ではまだまだ普及していない滅菌器を導入しています。

    従来の機器では不可能だった、
    • 滅菌パック(滅菌された器具を使用直前まで清潔に保つ袋)へ入れた器具
    • 歯を削る器械の注水回路
    • インプラントを入れる器械の注水回路
    • 歯を抜くペンチの継ぎ目部分
    • 唾を吸う管の内部
    などの、細部まで高度に滅菌し直前まで清潔な状況を確保する事が出来るようになりました。
    これにより、より安全に治療を受けていただく事が可能となります。
    患者様には見えない部分ですが、一番大切な部分であると言えます。
  • 痛みの少ない治療システム

    患者様にかかる歯科治療の負担を軽減するため、できるだけ痛くない治療を目指しております。

    痛みが極軽微である場合と麻酔をしない方が治療成績が上がる(痛みを治療の指標とする)場合を除き麻酔をして治療を行います。

    麻酔は可逆性(何度使用しても何の害も及ぼさない)方法ですがアレルギーがある方や、あまり麻酔をしてほしくない方は申し出てください。

    粘膜の塗り麻酔・麻酔液を温める装置・細い針・コンピューター制御の注射器を使用して出来る限り痛みの出にくい方法で麻酔します。

  • KaVo社製PROTAR evo7咬合器・フェイスボウトランスファーシステム

    現在、日本で販売されている咬み合わせを確認する器械のなかでかなり精密で、高価であると思います。

    FaceBowと組み合わせて精度の高い治療が可能となります。

    歯科医学的には平均的に、耳の穴と鼻の横をつないだ面と上下の歯が噛みあっている面が平行とされています。

    上の歯は頭に固定されているため、頭に対して上の歯がどの位置にあるのかを測る器械です。

  • 口腔外バキューム

    歯科医院では歯を削る際や技工物など、様々な物を削ります。

    その際に出る削りかすを吸い込み回収することで診療室の環境の保全を図ります。

    簡単に言えば掃除機です。

  • ラバーダムシステム

    神経の治療をする場合、出来るだけ唾液などが入らない方が治療成績が上がります。

    不可能でない限り、お口は開けたまま治療を行います。
    注)うがいもできません。

    どうしても唾が入る環境の場合はラバーダムシステムを使用し治療成績を上げることが可能です。

  • TFアダプティブ

    神経の治療に使用する、第四世代ニッケルチタンファイルです。
    詳しい内容といっても難しいのですが、従来は器具(ドリル状)を回転させ神経の穴を削っていましたが、器具(ドリル状)を120度回転し掛かった負荷に応じて少し戻る事を繰り返し器具が非常に折れにくいシステムとなっています。
  • ジロソニック

    神経の治療に使用する器具です。

    細い器具を高速で振動させることにより、歯の神経の中の感染性物質を物理的に排除する器械です。

    感染物質の物理的除去は一番基本の部分ですが、この器械を使用する事で早く確実に除去する事が可能となりました。

  • MTAシーラー

    神経の治療の最終段階である、神経の穴を塞ぐ材料です。

    従来から歯科業界では注目されていたMTA(mineral trioxide aggregate)という物質を含み、さらに固まる段階で少し膨張する事によって根の中をより精密に密閉する事が出来ます。

    従来の材料に比べると高価ではありますが、費用対効果が非常に高い為、採用いたしました。

アクセス

  • 〒545-0052 大阪市阿倍野区阿倍野筋1-5-36アベノセンタービルB2F

  • 御堂筋線からお越しの方

    1. 西改札口から出てください。アポロビル側に歩いていきます。

    2. 途中でekimoが見えてきますので、そのままお進みください。

    3. 14番出口を目指して、左に曲がってください。

    4. 14番出口の看板が見えてきますので、階段を下りてください。

    5. 歯科という文字の歯の模型があるのでそれが目印です。

    6. 当院です。お気をつけてお越しください。

  • JR線からお越しの方(地上から)

    1. 中央改札口から出て左にお進みください。

    2. 右側に歩道橋の階段が見えますので、上がってください。

    3. みずほ銀行のATMコーナーの先がアポロビルの入り口です。

    4. みずほ銀行のATMコーナーの先がアポロビルの入り口です。
      ビルへ入ったらすぐ階段がありますので、B2Fへお越しください。

    5. 階段を下りたら左側へ進み、通路を道なりに奥まで進みます。

    6. 当院です。お気をつけてお越しください。

  • 近鉄線からお越しの方

    1. 西改札口を出て、右側へお進みください。

    2. JR・地下鉄線の改札へ向かい、階段を下ります。

    3. ekimo側に向かって進んでください。

    4. 途中でekimoが見えてきますので、そのままお進みください。

    5. 14番出口を目指して、左に曲がってください。

    6. 14番出口の看板が見えてきますので、階段を下りてください。

    7. 歯科という文字の歯の模型があるのでそれが目印です。

    8. 当院です。お気をつけてお越しください。

周辺地図